黒ずんだバストトップにお悩みの女性へ オススメのバストトップケアをご紹介します!

Category :

こんにちは。
株式会社BODY’s PROの山口麻衣です。

今回のテーマは
「黒ずんだバストトップにお悩みの女性へ オススメのバストトップケアをご紹介します!」

 

 

バストトップ(乳首+乳輪)が黒いことでお悩みの女性は意外と多いんです。

 

真っ黒からピンク色にできるかというと正直なところ難しいですが、色素を薄くすることは可能です。

 

オススメのバストトップケアをご紹介します。

 

目次

①なぜバストトップが黒ずむのか?
②美容クリニックの治療法は?
③オススメのホームケアをご紹介
④最後に

 

①なぜバストトップが黒ずむのか?

 

■加齢

 

 

年齢を重ねていくと、新陳代謝が悪くなってきます。
新陳代謝が悪くなってくると、古い角質細胞とメラニン色素が残ってしまい、バストトップは黒ずんでしまいます。
しかし、60歳くらいを超えると、メラニンの生成自体が衰え、色素は薄くなっていきます。
温泉に行って、バストトップが黒いおばあちゃんがいない理由はこういうことなんです。

 

■下着などの摩擦

 

 

デリケートなバストトップは、ブラジャーが擦れるだけでも刺激になります。
これは、体がブラジャーの摩擦を害のある刺激と感知し、メラニンが色素沈着することにより、バストトップを保護しようとすることで黒ずみがおこります。
アンダーゾーンもそうですが、デリケートな部分ほど黒ずみやすいんですよね。
バストトップの場合は、柔らかな先端部分を守るためにどうしても色素沈着しやすくなっているのです。

 

■妊娠・授乳

 

 

妊娠20週あたりから増えていくエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンの急激な分泌により、バストトップが黒ずんでいきます。
エストロゲンとプロゲステロンはメラニン色素の色素細胞を刺激するので、バストトップのメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるのです。
また、授乳中は赤ちゃんが乳首を見つけやすいために黒くはっきりした色になっている説もあり、妊娠、授乳中はどうしてもホルモンの関係で黒ずんでしまいます。
この期間は、どうしてもホルモンに関係しているので、バストトップケアは諦めた方がいいと思います。

 

②美容クリニックの治療法は?

 

バストトップケアの方法としては、効果がもっとも期待できるのは美容クリニックです。
美容クリニックでは、塗り薬の処方かレーザー治療という選択になります。
塗り薬は、美白成分の「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の2種類が多く処方されています。

 

また、レーザー治療で色素を薄くするということもできます。しかし、乳輪の色ってグラデーションになっていますよね?
そのグラデーションの表現がレーザーだと難しいらしく、くっきりした乳輪になってしまったり、まだらな色になってしまったというリスクもあります。
美容クリニックに通うのは費用や時間もかかるので、できればおうちでセルフケアをしたいですよね。

 

③オススメのホームケアをご紹介

 

 

先ほど美容クリニックの際に書きましたが、オススメの成分は「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の2種類です。

 

■トレチノイン
トレチノインはビタミンAの誘導体で、皮膚の紫外線老化防止や、表皮の細胞分裂を促進し皮膚の再生を促す作用がある成分です。
■ハイドロキノン
ハイドロキノンとは、メラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞そのものを減少させる成分です。

 

但し、この2つの成分は美容クリニックで処方されている美容成分なので、市販のクリームには配合されておりません。

 

海外から個人輸入している通販サイトでしか購入できません。
オオサカ堂という商社が有名ですが、濃度をきちんと勉強した上で購入するのがベストだと思います。

 

また、市販で販売されているクリームは、なかなか効果が出るものはありません。白斑などのリスクから美白成分が多く入っていないものが多いんです。
しかし、安全には使えるものが多いので、長く使ってみるという方は、楽天やアマゾンで購入するのもいいかもしれません。
手頃にお試しいただきたいと思い、市販で販売している商品の成分表記を調べたりしたのですが、私的にオススメの商品がなかったので、ここではご紹介しません。

 

④最後に

 

バストトップの色素を薄くするためには、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の2種類の美容成分がオススメです。
但し、海外からの輸入成分なので、自己判断自己責任になります。

 

また、濃度が濃い方が効くということでもなく、皮膚が赤くなったり副作用もあります。

 

個人で購入する場合は、きちんとリスクを理解し、濃度の低いものからお試しすることがベストだと思います。

 

私は、バストクリームを作って販売していますが、そもそもは、バストが小さいから、バストトップが黒いからと言って、コンプレックスに思うこともないと思っています。

 

バストの形や色は人ぞれぞれ。

自分の体をちゃんと認めて、向きあい、ケアしてあげるのが一番だと思っています。

 

確かに、パートナーを喜ばせたいという気持ちはすごく分かります。
しかし、ちゃんと愛のあるパートナーならば、どんな体でも絶対愛してくれるはず。

 

私は、パートナーのためにというよりも、ちゃんと自分の体に向き合い、自分の体をケアすることで、自分の体が好きになれるようお手伝いができればと日々思っております。

脱線しましたが、今回の記事はここまで♪

 

ぜひ、この2つの美容成分を勉強してみてくださいね。