流行りのノンワイヤーブラ!頼りすぎると10年後には垂れ下がったバストに!?オススメのノンワイヤーブラをご紹介!

Category :

こんにちは。
株式会社BODY’s PROの山口麻衣です。

今回のテーマは
「流行りのノンワイヤーブラ!頼りすぎると10年後には垂れ下がったバストに!?オススメのノンワイヤーブラをご紹介!」

ノンワイヤーのブラやブラトップ、近年とても流行っていますよね。
特に、カップ付きのキャミソールやカップ付きのワンピースなどは日常使いにとても便利!
特にママ世代には授乳もしやすいし、何よりもラクチン。
手放せないアイテムだと思います。

しかし、ノンワイヤーブラやカップ付きアイテムに頼りすぎると、10年後、20年後にはバストが恐ろしいことに・・・

目次
1.ノンワイヤーブラやカップ付きアイテムだからバストが垂れ下がるのではない!?
2.サポート力が1番強いのはワイヤーブラ!
3.たまにはノンワイヤーブラやカップ付きアイテムでリラックスモード
4.最後に

 

1.ノンワイヤーブラやカップ付きアイテムだからバストが垂れ下がるのではない!?

バストが垂れる原因は、バストが揺れることによりクーパー靭帯が切れ、バスト全体の重さを支えてくれなくなるからです。

たまにテレビで、上半身裸で走り回る部族(アフリカあたりの)の女性が、若いのにバストが垂れていたりしますよね? なぜでしょう、、、


それは裸で何のサポートもなく走り回っているからです。

この例えでお分かりのように、バストを揺らし続けると、ブチブチと靭帯が切れ、たら~んと下がってしまいます。

ノンワイヤーブラやカップ付きアイテムが垂れやすいと言われているのは、「サポート力」が弱いからなんです。

 

②サポート力が1番強いのはワイヤーブラ!

 

サポート力が1番あるのは「ワイヤーブラ」なんです。

 

しかし、サイズを間違うと全く意味がなくなるのです。
例えば、小さすぎるブラをつけ続けると、胸がつぶれて形が悪くなってしまいます。
大きすぎるブラをつけ続けると、カップの中でバストが揺れ、それこそクーパー靭帯がブチブチ切れていきます。
そこで、オススメしたいのが、自分のサイズに合ったブラジャーをちゃんと見つけること!

 

■ショップの店員さんに測ってもらう!
間違いないのは百貨店の販売員さんに測ってもらうことです。
面倒&購入させられそう・・・そう思う女性も多いと思います。
しかし、彼女たちはプロ。特にワコールの販売員さんは様々な胸をたーくさん見てきたプロ中のプロ!
自分が何カップなのか、しっかり見てもらってください。

 

■オンラインサービス「FITTIN」を使う!
ショップに行くのが面倒。バストを他人に触られたくない!仕事や育児で忙しい!
そんな女性には大手下着メーカー出身の女性社長が開発したオンラインサービス「FITTIN」がオススメ!
このサービスはウェブ上で簡単な診断に答えるだけで自分のサイズが分かるサービスなんです!
また、チャット相談もしているから店頭に行かなくても、自分のサイズに合ったブラが分かるという優れもの!
今時ですよね~!気軽にお試しできるからオススメです。
とにかく、自分のサイズを知って、正しいサイズのブラを身に着けることが大切なんです!

 

③たまにはノンワイヤーブラやカップ付きアイテムでリラックスモード

 

そうは言っても手放せないのがノンワイヤーブラやカップ付きアイテム
例えば、休日だけとか午前中だけとか、時間を決めて使用するのもいいかも知れませんね。
また、最近は機能的なノンワイヤーブラも出てきたので下記ご紹介します。

 

■ワコール ラゼ

クリーミィフィットブラ ノンワイヤーブラ
¥ 7,452 (税込) ~


表カップと裏カップがセパレート構造だから、バストの揺れなどの動きについてくるのでズレにくいんです!つまり、ノンワイヤーなのに、バストのホールド力もある優秀ブラ!
引用:ワコールウェブストア公式サイト(http://store.wacoal.jp/)

■ユニクロ

ワイヤレスブラ(ビューティーライト)
¥1,990 +消費税

 

カップ下辺のウレタンシートが胸をしっかりサポートしてくれて、優しいホールド感が魅力なノンワイヤーブラ!

引用:ユニクロ公式サイト(http://www.uniqlo.com/jp/)

4.最後に

楽ばかりをしてしまうと、10年後、20年後、あなたのバストは取り返しのつかない状態になってしまいます。

特に、バストは脂肪や靭帯でできているので、靭帯を守り抜かなければ、重力に負けてしまいます。

筋肉でできている箇所でしたら、筋トレを行ったり、復旧もできるのですが、1回垂れたバストはなかなか元には戻りません。

自分でできることは、自分のバストを甘やかさないこと!

毎日ワイヤー入りのブラをつけるのが苦しかったら、少しだけ頻度を上げてみる。

たったそれだけでも、ちりも積もればで、未来のバストは変わってくるんです!

 

ぜひ、目の前の楽さに負けず、1歩1歩頑張ってみてくださいね!